2013年04月01日

今年2013年のユーロビジョン、お気に入りエントリー曲

ろんぐ・たいむ・のー・しー。


今年のユーロビジョン。39のエントリー曲が発表されて2週間ほど。

 http://www.youtube.com/playlist?list=PLffJbXZYHVRLRhjKGISNCRtQac47P-xYB
 (約2時間)

この中で特にお気に入りなのが以下の8曲(国名50音順)。


アイスランド
Eyþór Ingi Gunnlaugsson - Ég á Líf
 http://www.youtube.com/watch?v=PtunhyMW1hM


今年のアイスランド代表は「グンラウグの息子エイトール」。アイスランドのエントリー曲がアイスランド語で歌われるのは1997年以来。ただし、大会本番では英語で歌われる可能性も。


グルジア
Nodi Tatishvili & Sophie Gelovani - Waterfall
 http://www.youtube.com/watch?v=CvdcRmzuXKM


とても聞きやすい曲だなあと思って調べたら、2010年のデンマーク・エントリー曲を手がけたひとたちでした。なるほど〜。

Chanée & N'Evergreen - In A Moment Like This(2010年デンマーク代表曲)
 http://www.youtube.com/watch?v=bPzXy-iHVgA


クロアチア
Klapa s Mora - Mižerja
 http://www.youtube.com/watch?v=qdESBf3UFQI


クロアチアの伝統的な音楽 Klapa でエントリー。個人的にはダルマチア地方の音楽のイメージ。


サンマリノ
Valentina Monetta - Crisalide
 http://www.youtube.com/watch?v=xi8mZ2ejLcE


今年のエントリー曲では一番のお気に入り
昨年に続いて今年もサンマリノ代表となった彼女。エントリー曲も昨年同様、作曲はラルフ・ジーゲル(♪ジン、ジン、ジンギスカーンのひとね)。今年は懐かしめの80年代イタリアン・ポップス風のメロディー。
ところで、このPVの中で女の子ふたりとおっちゃんふたりが出ているんだけれど、これって何のメッセージかしらん?

Valentina Monetta - The Social Network Song (OH OH - Uh - OH OH)(2012年サンマリノ代表曲)
 http://www.youtube.com/watch?v=emrJV45KT2c


スイス
Takasa - You And Me
 http://www.youtube.com/watch?v=fBGpqq2LFSQ


本来は Heilsarmee というドイツ語のグループ名で、「救世軍」、英語で Salvation Army という名前です。キリスト教のいち団体の名前であることから、「政治的・宗教的な内容を含まない」という大会規定に触れてしまうことから、大会出場に限って Takasa と変更されることになりました。公式にはスワヒリ語で purify(清める?)であるとアナウンスされましたが、"the artists known as Salvation Army" の頭文字だともいわれています。救世軍の格好をしたメンバーが出演していたPVも新しいものになっています。

Heilsarmee - You And Me(*最初のPV)
 http://www.youtube.com/watch?v=FKbzOIab0yM


ベラルーシ
Alyona Lanskaya - Solayoh
 http://www.youtube.com/watch?v=Th0dZ0llxJY


もともとは代表選抜大会で優勝した Rhythm of Love に決まっていたんですが、「別のがいい〜」と誰かが言ったんでしょうねえ、この曲に差し替えられました。このあたりの「変更劇」はベラルーシでは毎年恒例ともいえる行事。

Alyona Lanskaya - Rhythm of Love(*当初のエントリー曲)
 http://www.youtube.com/watch?v=ewGLYsqCoN4


マケドニア
Esma & Lozano - Pred Da Se Razdeni
 http://www.youtube.com/watch?v=-LwGGo5ZfF8


若手男性とベテラン女性の組み合わせ。最初に Imperija というエントリー曲が発表されてPVも公開されたのですが、公開直後から批判的な意見が相次いだようで、のちにこのエントリー曲に差し替えられました。
この Imperija。YouTube ではすぐに削除されるようで、どうしても聞きたいかたは「esma lozano imperija」あるいは「Есма Лозано Империја」で検索してみてください。うまくすれば削除されるまえに見つけられるカモ。
そうそう、こんなビデオがありました。残念ながらマケドニア語(たぶん)なので意味不明。「ヒトラー総統、ユーロビジョンのImperijaを知る」というタイトルなんでしょうか。

Хитлер дознава за „Империја"
 http://www.youtube.com/watch?v=VRMPunnw7oE


モンテネグロ
Who See - Igranka
 http://www.youtube.com/watch?v=8BmHI_57vJk


Who See という一見固有名詞とは思えないグループ名。一緒に歌っている女性シンガーは Nina Žižić。そういや、No Name という名前の2005年の当時のセルビア・モンテネグロの代表もモンテネグロだっけか。

No Name - Zauvijek Moja(2005年セルビア・モンテネグロ代表曲)
 http://www.youtube.com/watch?v=1O9HUTfbfcQ


総評

というものではないけれど。今年は「男女デュオ」「オリジナル」がキーワードかなあ。アップテンポの曲が少なめなのも特徴カモ。マケドニア、ブルガリア、ベラルーシとエントリー曲の差し替えが多かったのも気になりました。ポルトガルやトルコの常連国不参加が残念。そして、イギリス代表がボニー・タイラーということで、80年代に洋楽の洗礼を受けたひとりとして、どんなステージになるのか気になるトコロです。


posted by oka at 03:31| 奈良 ☀| Comment(0) | 音楽(music) - Eurovision | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする